中学受験プロ家庭教師

中学受験プロ家庭教師が、机上理論ではない実践現場からの指導記録
CATEGORIES
LINKS
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
公式158その2
まずカードを切る前に100円ショップ(can-do)でレターケースを買ってきます。

透明でダンボールが中に入っていて仕切りが1枚ついているやつです。

これがちょうどカードサイズにピッタリです。
| 算数の基礎 | 09:52 | comments(12) | trackbacks(81) | ↑PAGE TOP
カード式算数公式158
真っ赤なカード式暗記本。
一度は手にするものの理社と違い購入するまでは行きませんね。

しかし、これに青い準拠問題集をプラスすると抜群の効果を発揮します。

特に夏は、図形分野に絞ります。
図形問題は解法のパターンや目の付け所を知っているか
いないかで大きく差が出る分野です。

パターンを公式として覚えておくことで、いわゆる閃きみたいな感覚を体感できるのです。
| 算数の基礎 | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スピードアップ算数 基礎編
いままでありそうでなかった、こんなのがあれば良いのになー
という問題集です。
50問づつのテスト形式の中に良問が詰まっていますので、
教えるほうがワクワクします。
特に図形はおもしろいのでコノ問題集は必須です。

まずは初級テストを1ページ解きます。もちろん時間を計ります。

このテキストの特徴の1つにできるだけ暗算でやることを薦めています。
普通の指導であれば、途中式を丁寧に、途中計算は筆算で確実に
というのがセオリーですね。

しかし、あるレベルまではこれでいいのですが偏差値50や60の壁を破る時、算数・数学における閃きに至る1歩手前のスピード感覚を
身につけなければいけません。それを伝授しようとする栗田先生はスゴイ。

もちろん無理ならしっかり計算してかまいません。
このテストのつくりが50問で50分ですから、1問1分の時間感覚を体感することが重要です。

1ページ毎に間違った問題をやり直します。
25問終えたらもう1度、25分25問解きをします。スピード感覚を大切に。

同じように残り25問を仕上げます。最後に50問50分にチャレンジします。
今までのやり直しがきちんとできていれば問題なくクリアーできます。
間違った問題は再度やり直しをして50問全部できるまで繰り返します。

合計時間はやるたびに縮みますから、やる気も上がってきます。
当然良問揃いなので得点力も上がります。

すると、算数が楽しくなるという仕組みです。
| 算数の基礎 | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
計算と一行
5年下と6年上を受験まで、1日1ページで毎日続けるのがいいのでしょう。

しかし、夏休み中に1度仕上げようとするなら、
各回のΔまとめ問題になっていますから、まずそこを時間を計ってやってみます。

全問できたらクリアーということにして次回のΔ愎覆鵑任いい海箸砲靴泙后

残念ながら1問でも間違えたら 銑イ泙覗管瑤笋襪海箸砲靴泙后
ですからΔ呂靴鵑韻鵑房茲蠢箸爐海箸砲覆蠅泙后

または、Δ量簑蠅粘岼磴┐震簑蠅離僖拭璽鵑離據璽犬世荏管瑤笋蠶召垢海箸砲靴討發いい任垢諭

ですから、夏休み中は1日1単元は必須です。
ルーチンとして朝にやることにしましょう。
| 算数の基礎 | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
さて中学受験の基礎基本とは何をすればいいの?
そろそろ具体的な話をしましょう。

夏休みにやるべきことは
「5年生2学期から6年生1学期のテキスト・テストをやり直す。」でした。

何をやるか?

算数=「計算と1行問題」の「5年の下」と「6年の上」をもう1度解き直す。

夏休みの家庭学習計画の中にルーチン学習として組み入れることです。

全ページ数を仕上げる日数で割って1日のページ数を決めると良いでしょう。

やり遂げた時、思わぬ力がついている事が実感できます。

コノあと四科のまとめに入っていくと非常にスムースでしょう。




| 算数の基礎 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
親の勉強
家庭教師先の家庭の本棚には、塾からの教材のほか
たくさんの本屋さんで売っている学習参考書・問題集が並んでいます。

難語2000、カードで合格、メモリーチェック、スピードアップ算数、四科のまとめ、
基礎とことん、出口の日本語トレーニング、でる順、応用自在、力の5000題、
ドラえもんの漫画シリーズ、ぶQ鴻志会、学習指導会、啓明舎など。

家庭にある教材で家庭学習プログラムを組む。
これがプロの技。

その教材はお母さんがわが子に合うと選んできたものです。
お母さんが1番取り組みやすい、取り組みたい教材です。

その教材の使い方、使う意味を説明できれば家庭学習は思うように進みます。

プロは一方的にこちらから与えるばかりではいけません。

もちろんすべての教材に精通していなくてはいけません。
| 中学受験 プロ家庭教師 | 08:36 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
我苦修とは?
自立学習、自律学習、自学自習、自ら学ぶ力=自学力・・・

最近の塾のチラシの定番コピーです。

でも、どうやって側にビッチリ先生がついていて、
90分でその力をつける方法があるのでしょう?

どの言葉もシックリきません。
ベネッセの講演会で、ヽ攴 我苦修 3惱という3段階のお話をされていました。

難関校受験指導をされている先生の体験からのお話だけに思わず共感。

△硫羔貊い里箸海蹐任后
勉強って楽じゃない。あえいで、苦しんで、悩まなきゃ!というメッセージです。
文字通り伝わってきますね。

プロ家庭教師の最初の指導は、しばらくの間、
「我苦修」を体験・実感させることだったのです。

| 中学受験 プロ家庭教師 | 08:51 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
1月中の学校が試しにならない?
各学校が教育関係者向けの説明会を開いています。

残念ながらこれに顔を出す家庭教師はほとんどいません。
情報の宝庫にもかかわらず。

難関といわれる学校も最近では開催するようになってきました。

1月校いわゆる千葉埼玉の学校の難化が止まりません。

2科4科選択から4科への移行がどんどん進んでいます。

今年受験の生徒にっとっては寝耳に水。

こちらから今年だけは2科4科を部分的に残してもらえるようお願いすることも。

いずれにせよ4科目のバランス学習は必至です。
| 中学受験 プロ家庭教師 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
夏は基礎基礎基礎。
夏は何度も言っていますが基礎の徹底が重要です。

今年の入試の特徴に、自分の得意分野の出題がない限り
全滅するケースも目立ったことが挙げられています。

パカッと抜けている単元、縞状に抜けている問題をできる限り埋め
4科目バランスのとれた学習をすることが必要です。

ちなみにプロ家庭教師は4科目すべてにプロでなければプロとはいえません。

過去問対策に入っていく時、その子にとっての4科の学習単元、時間の配分が
残り時間の少なさから見ても重要になるからです。

科目ごとに違う先生ではお互い主張しあったりで最後で混乱する場合もあります。

4科目教えられてこそプロ家庭教師です。 
| 中学受験 プロ家庭教師 | 08:42 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
夏になにを求めるのか?
天王山とは決戦ということ。夏はまだ天王山ではありません。

夏期講習のテキストはどうしてもオールラウンドな総復習になってしまいます。

森上先生が言うように、各偏差値レベルにおいて
夏期講習のメニューについての個別カリキュラムは用意してありません
から、効果的時間の使い方ができず無駄が多いというのも事実。

必要なことは、その子にとって不足していることをどこまで補えるか、
今足りているものをどこまで伸ばせるか。
についてしっかりフォローできるかに尽きます。

事前に学習方策を知りえた上で、夏期講習に臨めば夏を生かすことができます。

これこそ夏を何度も乗り越えてきたプロにまかせるべきです。

| - | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP